手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

確認したい約束手形のチェックポイント

約束手形を受け取る前に確認しておくべきおきことをまとめています。

約束手形のチェックポイント

約束手形は、支払の代わりとして法的に認められた有価証券です。お金の代わりができるため、書き方も法律で細かく定められています

約束手形はたくさん出回っていますが、中にはルールを正しく守られていない手形があることも。

そういった約束手形は、現金と交換をするときの手続きに時間がかかることや、必要以上の手間をかけなくてはいけないリスクがあります。

最悪の場合、手形の効力がなく支払いを受け取れないことも。

約束手形の用紙が、銀行で発行される統一のものなのか、個人で作成したものなのかによっても確認すべき項目は変わってきますが、ここでは流通の多い統一用紙での確認ポイントを紹介します。

  • 金額
  • 受取人の名前
  • 振出日と支払日

この3つは最低限すぐにチェックをしておくべきです。

詳細ページでは、確認しておくべきポイントを詳しく説明します。約束手形を無効にしてしまう記入例などもあわせて紹介していますので、ぜひ目を通してください。

その他にも、こんな約束手形は受け取りを考えなおした方がいいというポイント、約束手形を受け取ってからの流れ支払期日が近くなったらやっておきたいこと、約束手形と似ているが、リスクが高い融通手形の見分け方、よく起こるアクシデントの対処法、約束手形の運用法などをまとめています。

約束手形を初めて扱う、約束手形の扱いに慣れていない人必見です。

 
ページの先頭へ