手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

手形の裏

約束手形を受け取る際にチェックしておきたいポイント、「裏書」について説明します。

裏書をチェック!約束手形は表側だけじゃない!

金額や支払先など約束手形に欠かせない情報が記載された表側と比べると、あまり目立たないですが、約束手形というものの性質上、裏側こそが大事になってきます。

約束手形は、支払のために振り出されると裏書という行為によって、他の支払に使うことを法律で認められています。

つまり、A商事からB株式会社が受け取った約束手形は、B株式会社が裏に必要事項を記入すれば、他の会社とへの買付の支払で使うことができるのです。

ここで注意したいのは、約束手形の信用度は受け取る相手だけでは計れないというところです。

一流企業A商事が出した手形だからと言って、その実は、下請け会社や取引会社が出した手形の可能性もあります。手形の信頼度を計るというのは、とても難しいことです。

どうしても不安な場合は、一度業者や銀行で手形割引をかけてみるのも一策です。

手形割引をする業者は、与信調査のプロ。割引率が高かったり、割引不可となった場合、その手形の信用度が低いという意味になります。

裏書の記載ミスで支払が受けられなくなる?

裏書に記載ミスがあると、最終的な手形の受取人が、お金を受け取れなくなってしまう場合も。

裏書という行為で、手形はいくらでも転々と流通できます。ここが手形の便利なところであり、怖いところでもあります。

裏書は、会社の名前・代表者の名前・住所を書けば、何人・何社でもまわることができます。

そこで起こりえるのは、ケアレスミス。書き間違い1つで手形の効力が失われることもあるので、注意しましょう。

よくある間違いは、

  • 代表者の名前を間違える
  • 前株と後株の間違い
  • 会社名の間違い(○ ~商事 × ~商社)

があります。

このことを裏書の不連続と言い、これが起こっている手形はかなりリスクが高いと言えるでしょう。

多くの会社を経て、裏書欄がびっしり埋まっている手形は、裏書がちゃんと連続しているかどうかをチェックしておく必要があります。

できることなら、裏書をしている企業や事業主の実態調査まで行えると、手形を安心して受け取れます。

 
ページの先頭へ