手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

似て非なるもの融通手形

約束手形と形式は同じですが、銀行・業者共に割引を敬遠し、不渡りの危険性も高い融通手形について説明していきます。

危険な融通手形

融通手形は、不渡りとなるリスクの高い手形のひとつです。

そもそも約束手形とは、商取引時に扱われます。例えば、製造業を営む会社が原材料を販売している会社から原材料を買ったとき、原材料を加工して商品を売りに出し、お金ができてから支払いたいなどの理由から、何日に支払いますという契約を交わしているのです。

それと異なり、融通手形は商取引の流れがない手形。言ってしまえば、手形を振り出す側にとって、何の利益もない手形です。

この融通手形は、受け取り側から依頼をされて出す場合が多いです。

だいたいの場合は、資金繰りが苦しい会社が資金を得るために、付き合いのある会社に資金の融通を頼み、振り出してもらっています。

緊急を要するため、手形を割引に出して現金化し、資金繰りに使うのです。

これで分かる事実は、受け取る側は資金繰りに困っているということ。

その場の資金に困っているのですから、支払った金額が返ってくる可能性は低いです。融通手形を頼んでいる時点で、銀行等からの融資は受けられていない状況も想像できます。

そんな会社が、融通手形のお金を返す方法は、また新たな融通手形の発行をしてもらうこと。

こうやってその場しのぎを続けていても、いずれはパンクします。

振り出している側も手形分のお金が返ってこなく、それどころか手形の決済もしなくてはいけないため、共倒れをしてしまうことも少なくありません。

融通手形には、互いに資金繰りが厳しい会社が互いに手形を振り出し合う馴合手形とよばれるものもあります。

互いに苦しい状況ですので、どちらかが手形の決済ができない時点で共倒れ。資金繰りの苦しい会社の最終手段のようなものです。

融通手形と約束手形の見分け方

裏書で廻ってきた手形が、融通手形だったというケースもあります。

約束手形と融通手形を見分けるチェックポイントをお教えしましょう。

  • 取引の流れはおかしくないか

なんでこの会社から手形をもらっているんだ?と疑問に思う場合は、融通手形である可能性が高いです。

例えば、原材料メーカーが製造業宛てに手形を振り出している場合。普通に取引をするなら逆になりますね。

あとは、全く関わりのない異業種から振り出された手形も、融通手形である可能性が高いです。

  • 金額がキリのいい数字

商取引に使われる約束手形の場合、なかなかキリの良い数字になることはありません。どうしても端数が出てしまうことの方が多いです。

そのため、キリの良い数字の場合は、融資の手形である疑いが強まります。

  • 会社の月商に見合わない金額の手形

月商で1000万の会社があったとして、その会社が1500万の手形を振り出していたら少し不自然に感じますね。商取引である以上、相手が返せなさそうな場合、取引相手は拒否するでしょうから、こういった場合も両社で話のついている融通手形である可能性が高いです。

 
ページの先頭へ