手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

手形の記載事項

約束手形は、支払いの代わりとなるもののため、法律で書かなければいけないことが決められています。

このページでは、約束手形に書かれてなければいけないことを紹介します。

書かれているべき約束手形要件

約束手形は、法律で書き方のルールが決められています。このルールが守られていない場合、その手形はお金の代わりではなく、紙切れとなってしまいます。

この約束手形に必ず書かれているべきルールを約束手形要件と言います。

ほとんどの手形は、銀行から手形用紙を購入しているため、最低限の手形要件はクリアされています。

ですので、確認すべきは手書きの内容です。見落としがちな約束手形要件をチェックしていきましょう。

  • 受取人の名前

受取人、つまり約束手形でお金を受け取る人の名前はあっていますか。

約束手形の裏側には受け取る人の名前を書く欄があります。この記入は、受取人が行う場合がほとんどなのですが、約束手形を振り出した人が名前を間違えて書いた場合、注意が必要。

万が一名前が間違っていると、銀行での手続きに支障をきたしたり手形割引ができないことがあります。

約束手形を振り出す側も受け取る側も、忘れずに確認をしておきましょう。

  • 金額

約束手形の多くは、企業間の商取引で使われるため、動く金額が大きい場合がほとんど。

その際に起こりやすいのが、0を1つ多くつけてしまったということです。

数字での表記は間違えやすいだけでなく、改ざんをされることもあります。0を一つ多くつけられれば、300万の支払いが3000万になってしまいます。

約束手形の金額は、百万円や壱千万円のように漢数字で書くのが原則です。

  • 振出日と支払日

振出日とは、約束手形を作成した日。支払日とは、約束手形に書かれた金額を受取人に支払う日です。

支払日が振出日より前の手形は無効です。または、振出日が暦上存在しない日の場合も無効となるので、注意しましょう。

約束手形が無効となる事項

今まで説明した約束手形要件は絶対的記載事項とよばれるものです。これが書かれていないものは約束手形ではないという事項です。

もう1つ、これが書かれていると約束手形は無効になる有害的記載事項というものがあります。

例としては、

  • 分割払の記載

100万円を支払います。但し、これを5回の分割払いとする。

  • 免責文句

振出人は支払の滞りの一切の責任を負わない。

  • 支払約束文句

この支払は商品が到着してから行われる。

などがあります。

支払の条件や、分割払いをする振出人の免責が書かれている手形は無効ですので注意しましょう。

 
ページの先頭へ