手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

手形の運用法

手形の運用法の基礎知識をご紹介します。

約束手形の運用法~交換・割引・裏書譲渡~

約束手形を資産として運用する方法は、大きく分けて3つあります。

  • 手形交換

支払期日まで待って、手形交換所に呈示して現金と交換してもらう方法です。振出人が指定した期間はかかってしまいますが、額面通りの金額が支払われる約束手形の一番オーソドックスな形となります。

  • 裏書譲渡

約束手形は、裏面に必要事項を記入することで、支払の代わりに使うことができます。つまり、他の会社から振り出された手形を、自分の会社の支払に使用できます。これを裏書譲渡と言います。

ですが、裏書譲渡となると、いくら自分の会社が信用のある会社であっても、相手側がその手形の振出先の調査をして、受け取りを判断するため、時間がかかることも。断られることも少なくないので、代案は考えておきましょう

約束手形でいくら利益が確定していても、急に資金が必要になった、買掛金が払えないなど不測の事態というのは、起こりえるものです。

約束手形の支払期日まで待てない、裏書譲渡も断られてしまった。八方ふさがりかと思われる状況。そんな悩みを解消するのが、もう1つの運用方法です。

緊急を要する際の約束手形の運用法・手形割引

手形交換まで待てない、裏書譲渡はできない。現金をすぐにでも作りたいときは、約束手形をいち早く現金化できる手形割引を使いましょう。

手形割引

約束手形を銀行や専門業者に買い取ってもらい、現金化する方法です。

期日前に現金化するので、現金化した日から期日までの金利や手形の信用度や、持ち込み人の信用度などからはじきだした値を、額面の金額から引かれた額が支払われます。この値は、割引率と言います。

銀行は手続きが面倒であったり、書類が複数枚必要であったりと、現金化までのスピードがやや遅い傾向があります。

そもそも、振出先・持ち込み人の信用調査など調査内容が多く、割引をしてもらえないことも多いです。

より早く、確実に現金化したい場合は、専門業者を訪ねてみるといいでしょう。

専門業者は、各社で割引率や取り扱える銘柄、現金化までのスピードなど千差万別。

緊急を要する際に使う手形割引業者。信頼できる手形割引業者をしっかり選んで、有事に備えておきましょう。

専門性に着目した信頼できる業者ランキング

 
ページの先頭へ