手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

受取日はいつ?

支払日に手形を現金に換える際、注意すべき支払呈示期間について説明しています。

支払呈示期間とは

支払呈示期間とは、約束手形を持っている人が、支払人に支払を求めるために守るべき期間のことです。期間は、支払期日を含めて銀行の3取引日以内となっています。

例えば支払期日が9月10日の場合、9月12日までが支払呈示期間ですね。

もし、10日が金曜日の場合は、土日が取引日でないため14日までです。

注意すべきは、約束手形を交換した銀行と、振出人が約束手形を作成した銀行が違う場合。

交換をした銀行が手形を作成した銀行に約束手形を呈示し、請求するので1日余計にかかることがあり、1日前倒しで考えなくてはいけません。

また、地方で作成された手形も銀行への持ち込みを早く行わなければなりません。県内でも1日かかる作業ですから、当然と言えば当然ですね。

この期間は、法律で定められたものです。期間を過ぎると、手形の法的能力がなくなり、振出人への直接請求でしか手形の額面を徴収することができなくなります。

これは、企業間トラブルの原因ともなりえますので、注意しましょう。

また、約束手形の記載事項不備がある場合は、余計に時間を食ってしまいます。このせいで、支払呈示期間を過ぎてしまうことも少なくはありません。

支払呈示期間を過ぎないために

約束手形を扱う経験が少ない人は、記載事項の抜け・漏れ支払呈示期間自体を知らず資金調達に支障をきたすことは大いにありえます。

約束手形と現金の交換をとどこおりなく行うためには、手形交換所(銀行)に早い段階から預けておくのが一番の解決策です。

遅くとも支払日の前日には、持ち込んでおきたいところです。もちろんそれより早い段階で取引銀行に預けておいてもいいです。

銀行に約束手形を預けておく場合、手数料が発生します。

大きな金額が動く約束手形ですので、慣れないうちは万全を期すために手数料が多少かかっても、早めの処理を心がけるべきです。

手形に慣れてきたら、手数料を取られないためにどうしたらいいかを考えていきましょう。

 
ページの先頭へ