手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

支払までの期間

手形の振出から支払いまでの期間、約束手形サイトについて説明しています。

約束手形サイトとは

約束手形を振り出してから支払をするまでの期間のことを約束手形サイトとよびます。

誰しも支払までの期間は、短い方がありがたいです。この約束手形サイトが長い手形が不人気になるのもうなずけます。

しかし、約束手形サイトが長い手形を敬遠すべき理由は他にもあるのです。

約束手形サイトの長い手形は危ない?

まず、その約束手形。なぜ手形サイトが長く設定されているのでしょう。

その手形で支払がされる商取引の利潤の確定が遅い場合、それは今、その金額を出せないということです。ここは忘れてはいけません。

約束手形サイトの長い手形を呈示された場合、以下のことは確認しておきましょう。

  • なぜキャッシュでの支払ができないのか。
  • 支払日までにどのように額面の金額を用意するのか。

手形での支払がセキュリティー上のルールである会社もありますので、このチェックポイントは全てに当てはまるわけではありません。

ですが、高額な額面での取引が少なくない約束手形。心配のしすぎというものはありません。自分が損をしないためにも、できることはしておくのが得策です。

サイトの長い約束手形の呼び方

あまりにサイトの長い約束手形は、手形割引時にも不利になることがあります。目安となるのは、120日と言われています。

それらは、あまり好まれるものでなく、隠語で呼ばれることが多いです。

ここでは、3つの隠語を紹介します。

  • 七夕手形

振出から支払いまでに1年の期間を有する手形のこと。目安の120日の3倍ですので、割引不可も考えるべき手形です。

  • お産手形

振出から支払までの期間が10か月ほどかかるもの。名前の由来は、妊娠期間の十月十日から。

10か月というと約300日。こちらも割引不可、してもらえても割引率の増加は避けられないでしょう。

  • 台風手形

振出から支払までの期間が210日のもの。名前の由来は、立春を起算日とした210日目が台風の襲来日として古くから言い伝えられていることから。

七夕手形やお産手形より、いくらかマシですが、割引率の増加は覚悟しておきましょう。

 
ページの先頭へ