手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

手形割引の前に知っておくべき知識

ここでは初めてでも不安なく手形割引を利用するために、事前に知っておくべき基礎知識を紹介しています。

仕組みや事例を学んで手形割引を有効活用する

得意先から現金ではなく手形での取引を提示されて、現金でなければ受けませんと断れる企業はそう多くないでしょう。

むしろ、事業拡大に伴って、あるタイミングで手形取引となるケースもよくある話しで、こうなると一時的に資金繰りが悪化するリスクもあります。

そのような場合、手形割引という現金化の方法をきちんと理解していれば、業務を回すのに窮することもありません。

そこで、詳細ページでは手形や手形割引の基礎知識銀行と専門業者との違い手形割引で現金化した事例などをまとめてみました。

仕組みを理解して、信頼できる業者を見つけることができれば、手形割引は経営をサポートする有効手段となり得ます。

手形取引自体が初めてだと、それを現金化する手形割引はかなりハードルが高いことのように感じるかもしれませんが、無理な借金をして資金繰りするよりもよほどリスクの少ない方法ともいえるのです。

すぐに現金が必要な経営者の方にお勧め

<

手形割引の仕組みは、受け取った手形を銀行や業者に持っていき、その手形を担保にして融資を受けるというものです。そのため、手形を受け取ってすぐに現金が必要だという場合、とても便利に活用できます。

手形は受け取った後、入金の期日が来るまで現金を受け取ることはできません。ですが、その期日の前にどうしても現金が必要な場合もあるでしょう。

そんな時に、手形を銀行や手形割引業者に持っていくと、「換金」や「買取」のようなイメージで現金化することができます。

手形の支払期日が1ヵ月未満ということはほぼありませんが、手形割引を利用すれば、1か月以内に現金に換えることも可能です。

手形割引で受け取ることができる現金は、手形の額面から手数料と利息が差し引かれた金額です。そのため、本来、手形記載の期日に受け取れる金額よりは少々少なくなるのですが、それでも、期日まで待たずとも現金化できるというメリットは大きいでしょう。

手形割引は融資となりますが、支払期日に手形の額面金額が支払われれば、利用した際に受け取った融資分を返済する必要はありません。

手形をいつでも現金にできる方法があると考えられれば、それだけ企業の資金繰りも楽になることは間違いありません。手形割引というシステムは、いざというときに役立つ資金繰りの方法だと言えるでしょう。

手形を受け取ったものの、支払いサイクルが遅く困っているときにお勧め

売上金として手形を受け取ったものの、記載されている期日がかなり先である、ということも多いでしょう。支払期日は合意の上で決定されるものですが、どうしても期日が前倒しにならないという場合、手形割引ですぐに現金化できるため便利です 。

一般的に、手形の支払期日は1~4か月程度が目安となっています。ただし、7か月後、10か月後、12ヵ月後が支払い期日となってしまう場合もあり、この場合、実際に手形を現金化できるのは1年後になってしまう可能性もあります。

支払サイクルを短くしてもらいたいが、角が立ちそうでなかなか交渉できない、短いサイクルでは無理だと言われた、などの事情がある場合、手形割引を利用すればすぐに問題は解決できます。

支払期日の交渉で揉めてしまえば、大切な企業間の信頼をなくしてしまう結果にもなりかねません。手形割引を上手に利用すれば、そのようなリスクを避けるための方法としても利用できます。

新たな借入を増やさずに、持っている手形を活用したいというときにお勧め

手形割引は「融資」という扱いにはなりますが、単に銀行から融資を受ける「借入」とは少々性質が異なっています。現在何らかの借入をしている企業が、新たな借入をせずに現金を必要とする場合、手形割引が有効な手段となります。

手形割引の法的な性質を見てみると、「手形の売買をする」ということになるため、実際には「銀行や業者に手形を買い取ってもらう」という言い方が正しいからです。

では、どうして融資という単語が出てくるのかというと、それは銀行の債権保全のためです。手形の買取としてしまうと、手形の買い戻し義務が発生しないことになってしまうため、融資と銘打っています。

そのため、実際には手形割引は手形の売買となるため、借入金とは異なるものです。手形は商取引に基づいて発行されたものなので、銀行にとっても信頼性がある担保だと言えます。振出元の企業に経営破綻などが起きなければ、ほぼ確実に回収できる債権だからです。

手形割引をしたときの経理上の処理も、借入金とはならず、貸方に「受取手形」を記載することになります。借入金を増やしたくない時には、手形割引を利用することがおすすめです。

 
ページの先頭へ