手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

そもそも手形とは

ここでは現金化する方法や種類ごとの違いなど、手形とは何かを紹介します。

手形とは支払期日に手形額面を支払う有価証券

現金化する方法や種類ごとの違いなど、手形とは何かを紹介手形とは振り出す時点では現金を用意できない場合などに、支払期日には手形額面の支払いを約束する有価証券

企業にとっては現金支払いを先送りすることで資金繰りを調整するために利用できるわけです。

手形での取引をするには銀行の審査を受けて、まず当座預金口座を開設すること。

発行した手形の支払期日に、その金額以上のお金が当座に入ってこないと不渡りとなります。半年間に2回の不渡りを出してしまうと銀行取引が停止となり、その企業は事実上倒産ということになります。

手形には受取人の記載欄があり、支払う相手が指定されていて、本来は支払期日に現金化するもの。

しかし、裏書して第三者に譲渡することで支払いに利用したり、手形割引によって期日前に現金化することもできます。

種類の違いで手形とは何かを理解する

手形には約束手形為替手形の2種類があり、日本国内の取引で使われるのは主に前者です。

約束手形は振出人が名宛人(受取人)に対して一定期日に額面の金額を支払う二社間の取引。

一方、為替手形は振出人が第三者の名宛人(支払人)に委託して、額面の金額を指図人(受取人)に支払う三社間取引。

振出人は約束手形だと支払義務があるのに対して、為替手形だと支払義務がありません

名宛人は約束手形だと現金を受け取る側なのに対して、為替手形だと支払い側になるというわけです。

手形の原資はもともと商取引の売掛金などいずれは現金化されるもの。

一時的に書面化されるとはいえ現金と同等の価値があるので、取り扱いはくれぐれも慎重に行ってください。

 
ページの先頭へ