手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

では手形割引とは

このページでは支払期日より前に手形の割引によって現金化する方法を紹介します。

手形の割引とは何か、仕組みや用語を理解しておく

支払期日より前に手形の割引によって現金化する方法を紹介手形割引を簡単に説明すると、支払期日前に金融機関や専門業者に買い取ってもらって、少しでも早く現金化するというもの。

この際、金融機関や専門業者には手形の期日までの日数分の金利を割引料として支払う必要がありますが、資金繰り状況によっては有効な手段になるわけです。

こうした取引を手形割引の中でも商業手形割引といい、商取引で振り出された手形の現金化として利用される方法です。

これとは別に自己手形割引という方法もあります。この場合は自社の手形を担保にして金融機関などから現金を借り受けるというもの。

一般的にこちらは手形貸付と呼ばれ、手形割引は商業手形割引を意味するケースが多いのですが、ネットなどで「手形割引」で検索すると、両方の情報が出てくるので混同しないようにしてください。

手形の割引に必要となる割引料の目安や傾向

手形割引で支払う割引料は支払期日からの逆算による金利分に相当します。

金融機関や専門業者によって料率は異なりますが、ネットで見つけた情報によると金融機関の割引率は以下のような目安になるようです。

  手形割引率(年率)
都市銀行 1.5~3.0%
普通銀行 2.0~3.5%
信用金庫 2.5~4.5%
信用組合 3.5~5.5%

一般的に金融機関では手形割引を一種の融資としているので、割引率は手形自体の信用ではなく、手形の持込人の信用によって決まるもの。そのため、多くの中小企業では、審査に通らず、割引を受けられない状態となっています。

一方、手形割引専門業者では手形の振出人の信用状況をチェックして割引の可否を検討する傾向があります。割引率は約3.0~20.0%と多少大きくなりますが、取引人の手形を審査した上で最適な割引を行うため、銀行よりもはるかに高い確率で、現金化をしてくれるのです。

 
ページの先頭へ