手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

よくあるQ&A

初めて手形割引による現金化をしようという方へ、疑問や不安に思う点をQ&A方式で紹介します。

手形割引でよくある質問

問い合わせ時と取引開始後、それぞれでよく疑問として挙がる点をまとめています。

Q.問い合わせの際に必要なものは何ですか?

手形(コピーも可)や取引書類があればベターですが、それらがなくても口頭レベルで答えられる質問をされるのが一般的です。

Q.手形割引すると振出人や取引先に知られるでしょうか?

手形割引で実績のある業者なら情報を漏らすことがないと思います。
与信審査は通常、側面調査と呼ばれるもので、直接振出人や取引先にコンタクトするケースはないでしょう。

Q.すぐに手形を現金化したいのですが……。

振出人次第で即日現金化に対応している業者はあります。
営業時間との兼ね合いもありますが、平日早めの時間帯で必要書類も揃っていて、業者に訪問できるなら即日現金化も期待できます。

Q.割引率は何%ですか?

多くの業者は手形振出人の企業規模や業績などを調べて割引率を設定します。

また、手形の支払期日までの日数によっても割引率は変わってきます。

Q.担保や保証人は必要ですか?

手形割引専門業者に割引を依頼する場合、一般的に担保や保証人を求められることはありません。

Q.決算書や事業計画書は必要ですか?

手形割引専門業者では手形の振出人の信用度をチェックするので、手形の持込人の経営状況などを示す書類を求められることは基本的にありません。

Q.不渡りになった場合は取り立てがありますか?

きちんとした手形割引専門業者なら不渡りになったとしても違法な取り立てをすることはないでしょう。
不渡りになった場合、原則的には一括返済を求められますが、業者によっては返済方法の相談ができるケースもあります。

 
ページの先頭へ