手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

手形割引は銀行融資の一種!注意点も忘れずに

手形割引の特徴と銀行融資との違い

手形割引は銀行融資の一種です

この手形割引はあくまでも手形を担保とした銀行融資の一種です。

手形割引は、手形期間が60日以上という長期にわたる場合に利用されるもの。支払いまでの期間が長いほど、商業手形で支払われる企業にとっては資金繰りがより困難なものになりかねません。そこで手形割引を利用すれば、一定の割引と引き換えに、現金化までが短縮できます。

融資なので、当然不渡りになった場合は買い戻す必要があります。

手形割引の審査は通りやすい?

手形割引は買い取りしてもらう企業の信用力があれば審査は通りやすいと言われています。なぜなら、不渡りになった場合は手形を発行した企業ではなく、手形買取を依頼した企業側に買戻しが求められるため。定期的に手形割引を利用している企業などは、都度審査をせず、限度額などを設定していつでも買い取りをしてくれるパターンも多いようです。

手形割引は銀行に売却したらそれでおしまい?

手形割引をしている事業者に意外に多いのが手形を銀行に売却したら終了と思っていること。これはかなり危険な勘違いです。手形割引とは手形担保の融資と見なされるのです。つまり、商業手形の振出人の企業にもしも何かがあって倒産などした場合はすべて降りかかってくることになります。

買い戻し義務

手形割引は融資の一種だとお話ししましたが、手形の持込人には買い戻しの義務が発生します。商業手形の振出企業がもし倒産して手形が不渡りになった場合は持込人は手形を買い戻さなくてはなりません。したがって手形を現金化後、すべてを運転資金などに使ってしまうのはとてもリスキーだということ。もし手形が満期を迎える前に振出人が倒産でもした日には、当然手形は不渡りになり、割引業者から買い戻しを要求されることになるのです。

手形貸付

約束手形を担保に、銀行から借り入れをするのが手形貸付です。スピーディーに融資を受けられるのがメリット。複雑な手続きが必要ないため、頻繁に利用される融資方法です。売上金が入金されるまでの短期間のみの融資として利用されることがほとんど。

手形割引との違い

手形割引は厳密にいうと買い取りであり貸付ではありません。そして手形割引と手形貸付の違いは手形の振り出し先が異なることにあります。手形割引は他社から振り出された手形を利用して融資を受ける方法なのに対して、手形貸付は自社が振り出した手形を利用して融資を受けます。したがって振り出した他社の信用度が低いと手形割引を受けられないということもあります。

証書貸付

証書貸付とは銀行と金銭消費貸借契約書を取り交わすことにより融資を受ける方法です。契約にあたり用意しなければならない書類が多く手続きが面倒な部分が多いので、短期的に回数の多い融資には向いていないのが特徴。

手形割引との違い

証書貸付は、返済までの期間が1年以上の長期融資に適した融資方法です。手形割引より手続きは複雑ですが、返済は長期で分割返済にできるという点が証書貸付のメリットです。そのため資金繰りを気にせず安定した事業運営ができます。また、据え置き期間の設定などができ、元金を一定期間支払わなくて良いので新規事業を立ち上げたばかりの頃などに、この据え置き期間を有効に活用できれば事業が軌道に乗るまでの資金繰りの心配をしなくて済みます。

当座貸越

当座貸越はあらかじめ融資の契約を締結し、そこで限度額が設定され、その限度額内であるなら自由に借り入れや返済ができる融資の方法です。設定期間は1年ということが多く、契約期間が終了すればまた審査を受けて契約を更新しなければなりません。

手形割引との違い

資金調達が簡単にできる分、審査はハードルが高く財務状況が良くないと融資は受けられないのが、手形割引と大きく異なるポイント。またすぐに資金を必要とするのではなく、限度額の範囲内で、必要な時に必要な額を利用したい人向けの融資方法です。ただし融資側にとっては常にその限度額分の融資金を用意しておかなければならない手間とリスクがありますので、その分、金利が割高になっています。

トップページ
手形割引の前に知っておくべき知識
確認したい約束手形のチェックポイント
信頼できる手形割引の業者を見極めるために
手形割引業者の情報調査まとめ
 
ページの先頭へ

手形割引あんしんガイド