手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

現金決済と手形割引のメリットとデメリットを比較

手形割引と現金決済にはそれぞれメリットとデメリットがあります。現金決済はその場で現金を受け取ることができるという安心感はありますが、手形割引をした方が得するケースも。また、手形割引をすることで資金繰りがしやすくなり、長期的な計画が立てやすいというメリットもあります。

今回は、気になる現金決済と手形割引の違いをまとめてご紹介します。手形割引の方がお得になるケースのシミュレーションも併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

現金決済のメリットとデメリット

手形割引で起こり得るリスクとして、倒産の危険が挙げられます。万が一、手形の支払い期日までに決済が完了できないとなると、銀行取引上の処分が課せられます。その結果、倒産してしまう危険を孕んでいます。その点、現金決済はその場で支払い金額を受け取ることができるので、代金の回収ができないという危険性を回避することができます。

一方、取引金額が大きいサービスや商品の場合、現金で支払うことが困難な場面は多々あります。そのような場合に現金が準備できるまで待機したり資金計画を練り直したりしていると、会社としての成長や伸び率に悪影響を与えかねません。また、現金を用意する際に銀行などでの借り入れを考えるとなると、一度に貸して貰える金額にも限度があります。さらに、金利が高くつくケースも。

このような資金繰りを繰り返すことで、経営が悪化するというケースも充分考えられます。

手形割引のメリットとデメリット

お金を支払う立場となった場合、手形割引をすることで計画的な資金繰りを行うことができるようになります。手形は約束の期日までに一定の金額を支払うことを約束する有価証券なので、入金日までにお金を準備すれば問題ありません。商品やサービスなどを必要とするときに現金が準備できなくても受け取ることができ、長期的な運営計画や資金計画が立てやすくなります。

また、手形割引を受け取った場合にはさまざまな取引をすることもできます。手形の裏書や手形割引などは現金決済できない取引方法です。さらに、取引方法によっては現金決済よりも手形割引の方が有利になるケースもあります。

一方、手形割引のデメリットとして挙げられるのはお金を回収できない危険性があるということです。サービスや商品を先に納品しており支払いの約束として手形を交わしていても、お金の支払いは後回しになります。そのため、もしかしたら現金を回収できないかもしれないというリスクはどうしてもついて回ります。

手形割引をした方が得するケース

取引先から支払いをしてもらう場合、今すぐ手にすることができる現金決済の方が得になると思っている人もいると思います。実は現金で受け取るよりも手形割引をした方が、後に受け取れる金額が多いケースがあります。

例えば、本日1,000万円を支払う代わりに8%割引をするケースと3ヵ月後に支払うという手形割引をした場合をシミュレーションしてみましょう。

現金の場合

1,000万円ー80万(8%の割引)=920万円

手形割引の場合

1,000万円ー(1,000万円×8%×90日÷365日)=約980万円 手形割引の場合、手形割引の支払い利息が金利×期日で計算されるため上記のような計算式となります。

どちらも同じ8%の割引率ではありますが、手形割引の方が金利を支払いまでの期日で計算することができるため、実際に貰える手取り金額が多くなります。そのため、目先の利益だけを考えて現金決済をしてしまうと損をしてしまうケースがあるのです。

現金決済と手形割引では手形割引の方が有利となる場合も!

今回は、現金決済と金利決済を比較してそれぞれのメリットとデメリット、そして手形割引が有利となるケースをシミュレーションを交えてご紹介しました。手形割引を使用して短期間で現金に変える場合は、現金決済をするよりも手形割引をした方がお得になります。また、支払いをする側も無理をして現金決済をするよりも手形割引を選択することで、資金繰りがしやすくなります。

このように手形割引は現金決済よりもメリットが多い支払い方法なのです。

 
ページの先頭へ