手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

こんな業者には要注意

 手形割引を依頼する業者はたくさんあり、最初はどこに頼んで良いか分かりにくいと思います。

その中でもこん業者には注意が必要だと言う点をご紹介します。

まず貸金業登録番号を確認する

手形割引を含む貸金業を行う場合は、必ず貸金業者の登録が必要です。登録を行うと各都道府県から「貸金登録番号」が割り当てられます。
例えば

  • 日本貸金業協会会員 第000000号
  • ◯◯県知事(1)000000号

のように記載してあります。

(1)このカッコ内の1は「営業を開始して3年以内」であることを意味します。この数字が大きいほど営業年数が長くなります。

またほとんどの業者は日本貸金業協会に加盟し、業界内の情報交換を行っています。

そのため、協会に加盟していない業者は要注意といえるでしょう。

加盟しているかどうか調べるには、金融庁のホームページで検索すれば確認ができます。

注意が必要な手形割引業者の見分け方

担当者が信頼できるか

担当者との信頼関係は重要となります。手形割引が初めての方にも、丁寧に手続きなどのついて分かりやすく説明してくれる担当者は信頼できるといえます。

また、こちらの疑問にもしっかり答えてくれるかどうか、最初にいくつか質問してみましょう。

注意が必要なのは手形割引なのに、他のローンの話や関係ない証明書などを求めてくる場合です。

担当者が頻繁に変わる、常に求人広告を出している業者にも注意しましょう。

見積もりにどれだけの時間がかかるか

clock

手形1枚の見積もりに1時間以上かかるようであれば、その業者は専門性が低いと言えるでしょう。

優良な業者であれば、情報量の多いデータベースを自社で持っていたり、興信所との太いパイプを持っていたりするため、遅くとも1時間以内に見積りを出すところがほとんどです。

そのため最初の見積りで時間がかかりすぎるようであれば注意しましょう。

手取り金額がはっきり提示されているか

手形割引は手数料や金利などで手取り金額が分かりづらいものです。そのため金利や手取り金額を最初の見積りではっきり提示できる業者は、振出人の会社についてきちんとした情報を持っているといえるでしょう。

そのため初回をわざと高く見積もったり、すぐに値引きを提示してきたりする業者には注意が必要です。

ホームページがしっかりしているか

website

ホームページも重要な判断基準となります。貸金業法では、広告のガイドラインが厳しく決められています。

そのためまず会社名・住所・電話番号・貸金業登録番号が表示されているかどうか確認します。

そして代表者の名前や資本金、業務内容、プライバシーポリシーが書かれているかなどもしっかりと見ておきましょう。

また更新が少ない業者も注意が必要です。さらにSSL(通信の暗号化)対応していない、作成中のページがあるホームページなどがある場合は、顧客獲得のためにコストをかける余裕がない業者だと判断できます。

インターネットで悪い噂が出てこないか

インターネットで業者名を検索すると、様々な噂が出て来る場合もあります。全てが真実とは限りませんが、悪い噂がある場合はなるべく避けた方が良いでしょう。

メインの取引先金融機関をチェックする

手形割引業者の資金調達力はとても重要です。そのため取引先金融機関に大手の銀行が少ない場合は注意が必要といえるでしょう。

社内の雰囲気を確認する

直接会社に赴いたら、社内の雰囲気も見ておきましょう。接客態度があまり良くなかったりたり、社内の清掃や整理整頓が行われていなかったりする場合は注意が必要です。

悪い業者の手口とは?

商品を騙し取る意図を持って手形を振り出すことを「手形詐欺」といい、その詐欺をする人を「パクリ屋」と呼びます。

また詐欺に合った人に「手形を回収する」といって近づき、多額の手数料を騙し取る「サルベージ屋」という業者も存在します。

このサルベージ屋はパクリ屋と共犯者であることも多く、2次3次被害に拡大してしまう恐れもあります。

例:初めの頃の少額の決済などは通常通りに取引を行われました。そこで大丈夫だと思い徐々に取引金額が上がり高額になったところで、手形を振り出したまま会社を閉鎖され、商品を騙しとられました。

例:資金繰りに困っている時「有利な条件で手形を割り引いてくれる人がいる」と声をかけられて、手形を騙しとられました。

例:手形詐欺に合った際に「手形を回収できる」という業者がいたので手数料を払ったら、その後まったく音沙汰が無くなってしまいました。

このように急に資金が必要になって焦っている人や他と比較しないまま取引を行ってしまう人、会社の信用に関わるので早く手形を回収したいと考えている人は被害にあいやすいといえます。

詐欺に関しての知識をしっかりと仕入れて、手形の取り扱いには充分に注意をしましょう。

まとめ

業者を選ぶ際の注意点と手形詐欺についてご紹介しました。手形は詐欺に使われることも多いので、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

まずはインターネットで情報収集をし、実際に出向いたら社内の様子を確認しましょう。見積もりに時間がかかったり、社内の雰囲気が暗かったりする場合は注意が必要です。

急に資金が必要になり焦っている場合もあると思いますが、まずは落ち着いて情報を収集し、業者を選ぶようにしましょう。

 
ページの先頭へ