手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

2:本当にスピード対応してくれるか

ここではスピード対応をウリにする手形割引専門業者は多々ありますが、実際の対応はどうなのかを紹介します。

審査能力で手形割引業者を比較する際のポイント

スピード対応をウリにする手形割引専門業者は多々ありますが、実際の対応はどうなのかを紹介手形割引はできるだけ早く現金を手にしたい状況で検討する手段。そのため専門業者もスピード対応してくれるところを見つけたいものです。

そこで注目したいのが審査に要する時間。銀行に手形割引を依頼した場合、融資と同じ扱いで審査に時間がかかるところ、手形割引業者なら一般的には60分前後がひとつの目安とされています。

設立間もない企業や地方の小規模企業など情報が取りにくい振出人の場合、もう少し時間がかかることもありますが、実績のある手形割引業者なら独自のノウハウで信用調査するので、こうした短時間での審査ができるというわけです。

ただし、必ず15分以内に査定結果を出しますなど、あまりに短すぎる査定時間を出している業者も注意が必要。そういった業者は、手形の発行元しか確認しておらず、一部の優良な手形しか扱っていない可能性があります。

審査能力という点で比較するとすれば、複数拠点を持っている業者がおすすめできると思います。その理由は、日本企業の大半が中小企業で、地元でないと集めにくい情報もあるからです。

全国対応している手形割引業者は少なくありませんが、できれば企業が集中している東名阪に店舗を持っているようなところなら、手形の価値をより正確に査定してくれるのではないでしょうか。

手形割引業者とのやりとりをより短縮するためのポイント

業者の対応がスピーディでも実際に手形を現金化するプロセスにおいては物理的に時間がかかるやりとりがあります。

例えば、業者の店舗が離れていれば手形を郵送する必要があるので、審査はすぐに終わったとしても手形を送って現金が振り込まれるまでには、どうしてもタイムラグが発生してしまうのです。

全国対応をアピールしている業者でも、地方都市の本社だけで営業対応しているケースもあって、手形を送るということ自体に不安を感じるなら、大都市に店舗がある業者に直接足を運ぶ方が、時間も短縮できて安心にもつながるというもの。

また、営業時間や曜日電子手形の取り扱いなども現金化を短縮できる可能性につながるので、業者のサイトでチェックしておきましょう。

 
ページの先頭へ