手形割引あんしんガイド

初めてでも失敗しない手形割引活用術と業者選びのコツ

信頼性が高く対応が早い おすすめ手形割引業者BEST3

日証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

手形割引のみを扱う専門業者。大手上場企業から個人事業主の発行したものまで、幅広い手形割引に対応。即日換金の実績も多数あり。

詳細情報を確認する

日本保証

財務局の認可あり

支店大阪・東京・名古屋

総合金融事業・不動産事業・システム事業など幅広く行うJトラストグループに所属。割引実行まで、最短半日ほどで対応している。

詳細情報を確認する

東信商事

財務局の認可なし

支店東京

設立80年以上の歴史と、毎年400社以上の企業と取引実績を持つ手形割引の老舗業者。原則2営業日以内で審査の回答を行う。

詳細情報を確認する

3:専門性の高さも重要

ここでは不動産担保ローンなども扱っている手形割引業者に見積もり依頼する際、与信などで注意すべき点を紹介します。

手形割引に特化した業者の方がより安心できる理由

不動産担保ローンなども扱っている手形割引業者に見積もり依頼する際、与信などで注意すべき点を紹介手形割引に特化した業者を選ぶべき理由は、もちろんその専門性の高さからくる、豊富な知識と経験で、様々な手形を的確に買取してもらえる可能性があるからです。

ですが、その他にも理由はあります。たとえば、手形割引業者の中には不動産担保ローンなど複数の金融商品を扱っている業者もあります。

貸金業者としては自然なこととも思えますが、手形割引に関していえば優良手形だけを扱っていて、そうでない手形を持ち込まれた場合は他の金融商品を勧めてくるような業者には注意しましょう。

また、こうした貸金業者に見積もり依頼すると、信用情報機関にデータに登録されることがありますので、無闇に問い合わせをするのは避けたいところ。見積もりや問い合わせ時の規約はしっかりと読み、指定信用情報機関などへの登録の旨が記載されていないことを確認してください。

そういった点から、手形割引することが目的ならば、それに特化した専門業者に相談することをおすすめします。

「手形割引専門」とHPに記載されていても、他の金融商品を扱っている可能性はあるため、会社情報を確認するようにしてください。

企業としての手形割引業者の信頼性をチェックする方法

手形割引業者は貸金業にあたり、認可を受けて営業しています。少し前のデータですが、2011年3月末現在で手形割引業者の登録は約120社あり、その認可は財務局知事の2種類。

前者は毎年厳しい内部監査が実施され、それをクリアしないと認可が得られないのに比べて、後者はあまり監査がなされてないとも言われています。

業者の中でも財務局認可を取得しているところは一部です。より信頼性の高い業者選びを考えるのなら、必ずチェックしておくべきだといえます。

また、業歴の長さはそのまま信頼性にもつながるポイント。移り変わりの激しい業界の中で、どれだけの顧客に支持されてきたいのかを図る指標といえます。

 

 
ページの先頭へ